スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金利0%の住宅ローン、その秘密とは?

2010年07月02日 00:19

イロモノローンが大好きな東京スター銀行が、またまた仕掛けてきた。
驚愕の「金利0%」の住宅ローンだ。

本当にそんなのあるの?
その秘密に迫ってみよう。

まずは特設ページをごらんあれ。

記載されているキャッチコピーは、「これ以上下げられません」

まあ、そりゃそうだわな。

でも下の方になんか書いてある。

・「事務手数料 融資金額の5.25%」
・「メンテナンスパックへの加入が必要 パック-1:年率0.504%相当 パック-2:0.702%相当」


どうも、この2つがこのローンの肝のようだ。


■基本スペックは??
下記の通り。
・融資金額は500万円以上1億円以内
・融資期間は1年以上15年以内
・営業店におおむね2時間程度で来店可能であること。
・期間限定(~2010/7/31)、人数限定(500人)

融資金額は申し分ないが、借入れ期間は最長15年とやや短い。
基本的に、頭金がたくさんある人や、ある程度返し終えた人の借り替え用だろう。


■事務手数料は5.25%
普通の住宅ローンの保障手数料と比べるとダントツに高いが、この部分は銀行の利ザヤ。
取らなければボランティアになってしまうので仕方ないところ。
手数料は借入れ時に一括で払うようだ。

一般のローンと比較するために借入れ15年で年率換算すると、0.35% に相当する。


■気になるメンテナンスパックとは??
商品説明書を見ると、下記のものがセットになっているようだ。
パック-1 と パック-2 の違いは、4番目のオプションの有無だけだ。

1.「繰り上げ返済が可能となるオプション」
2.「入院時の補償」
3.「死亡・高度障害時の補償」
4.「ガンの補償」

このコストが、毎月借金の残高100万円当たり、年率にして0.504% 又は0.702% 相当乗ってくる。
これは強制加入なので、かならずどちらかを選ぶ必要がある。
自分の入っている保険と相談して決めるべきだが、「ガンの補償」は割高のような気がするな。


■結局?
事務手数料+メンテナンスパック代が実質のコストになる。
最長の15年借りた場合、単純に年利換算すると下記のようになるだろう。


メンテパック-1 の場合 0.35 + 0.252※ = 0.602%

メンテパック-2 の場合 0.35 + 0.351※ = 0.701%



1%以下の超低金利で全期間固定!
金利0%は実質的にはウソだが、それでもかなりお得なローンといえるだろう。


500人限定だから、条件を満たせる人は急いだ方がいいかもしれない。
尚、実費として登記費用と印紙代も必要になるので、もう20~30万の出費は余計に見ておこう。


※メンテパックのコストは残高に応じて暫減するので、上の計算では単純に1/2して計算した。
概ね合っていると思うので、文句とか言わないで欲しい。。


Click応援ヨロシクね
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


コメント

  1. マリ | URL | -

    Re: 金利0%の住宅ローン、その秘密とは?

    ホントに低金利だから
    借り換えには今なんでしょ?
    でも、どうやるかよく分からないし
    手数料とか
    FPとかに相談料もかかるし
    複雑(*_*)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/54-a0ba62ea
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。