スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヤとサイゼリヤ

2012年07月08日 06:08

masaさんブログより。

スプレッド記録インジケーター

こういう認識は大切(場合によってはマスト?) ですね。


ところで、サヤ取りはFX業者(ブローカー)や銀行側が真骨頂。
両替手数料、スプレッド、スワップ差・・・これらの実態はサヤであり、サヤ取りを仕掛けられているのは取引している法人・個人投資家である。

基本的には業者側が勝つのだが、何事も「絶対」ということはない。
流動性が低い時間には値付けに失敗して損を蒙る・・・ということも起きているのかも?
我々が知らないだけで。

仮に値付けに失敗するリスクがないとしても、FX業者や銀行は取ったサヤの中から固定費を差し引かないと最終的な利益が出せない。
その固定費の中には、人件費、インフラ維持コスト、広告費(含むアフィリエイターへの支払い)などが含まれている。


■サイゼリヤ賠償請求
>ハンバーグやソースをオーストラリアの子会社から輸入する際に為替変動で損が出るのを防ぐため、
>07、08年に、BNPパリバ証券などとデリバティブ取引の契約を結んだ。
>それぞれ1豪ドル=78円、1豪ドル=69.9円で豪州ドルを買うことになっていて、
>いずれも当時の相場より約1~2割、安く豪ドルが買えた。
>しかし、為替相場が契約より円高豪ドル安に振れると、豪ドルの購入価格が加速度的に高くなっていく仕組みだったため
>その後の円高豪ドル安で大きな損を被ったという。

http://www.asahi.com/national/update/0704/TKY201207030768.html

サイゼリではないので注意。
「加速度的に高くなっていく仕組み」ってところがミソね。
契約内容の説明がどうだったかとか、そういう話にもつれ込むのかな。

個人vs企業だったら個人が勝てる見込みがあるかも知れないが、企業同士ではつらいんじゃないか。

似た話で、加速度的に含み損が高くなっていく手法・・・もあるな。


■キウイなおじさん
13SMAで見ると、トレンド転換したようです。
20120708.gif
↑DayChart

キウイなおじさんについてはForex.comではトレードしない方がいいと思いますが…。


土日出勤ですって?!
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


コメント

  1. まさ | URL | -

    Re: サヤとサイゼリヤ

    ご紹介ありがとうございます

    キウイなおじさんは、海外業者で万人向けではありませんが
    Pepperstoneが抜群に好条件ですね

  2. くらいそら | URL | -

    まささんへ

    記事を勝手に紹介させていただきました。
    軽く調べてみましたが、確かにPepperstoneの条件は良さそうです。
    さすが、お膝元って所ですね。

  3. WIN | URL | -

    Re: サヤとサイゼリヤ

    輸入業者が円安対策で円オプション取引を行っていて、それで大損

    倒産したり銀行を訴えたりとトラぶっているという話は聞いたことがあります^^;

  4. くらいそら | URL | -

    WINさんへ

    オプションは損失青天井ですからね。

    まぁ、リスクを理解しないで飛びついたというならまだしも、複雑なリスク設定のデリバリティブ商品を買わないと融資打ち切りを匂わせたりとか、そこまで行くと売り手にも問題があると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/435-0a53fdef
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。