スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力とサヤ

2012年06月27日 05:27

投資の世界にタダ飯はない (2)
http://tansneygohn.blog99.fc2.com/blog-entry-1252.html#cm

ふむ。


昔読んだ本に「東京電力」と「関西電力」のサヤ取り、というのが紹介されていたが。
主力の電気事業が安定している、という前提においては、燃料の調達など、経営環境には共通項目が多い。

かつては乖離(or 収斂)したらチャンス・・・と言えなくもなかったかもしれないが、現状は周知の通り。

20120627.jpg
↑ヤフーファイナンスより  青:東京電力 赤:関西電力

このサヤが綴じるのはいつのことか?
損切すれば・・・とはいっても、株は約定があるからな。


サヤが綴じる必然性がない以上、サヤ取りも安全とは言えないよね。
もちろん、手数料負けしても意味がないし・・・。



■電力問題
日本だけでなく、韓国でも問題になっている。
一般企業に対しては、昨年の東電管内のように一律の電力制限令が出されていて、ある意味日本より厳しい。

そもそもの理由は電力供給の絶対量に余裕がないせいだが、需給側の省エネ意識ももともと高いとはいえないようだ。
無駄が多い分、下げ代も大きい、と言えるかもしれん。
なお、準国営企業はもちろん規制外である(笑)


また、台湾でも電力の大幅値上げが問題になっている。
値上げが決定すれば、半導体のメガファブ(製造請負)の収益圧迫要因になるので、メンテ・装置更新遅延となり、半導体装置メーカーの株が下がるかもしれん。
泣き面にナントカだな。


■消費税増税
あれ、マニフェストに書いてあったかなぁ??
高速道路無料化とか、子供手当てとか、そういうことを謳っていた記憶はあるが。

ただ、消費税には使わなければ払わなくていい、という側面もある。
サラリーマン目線で考えると、じわじわ天引き分を増やされるよりはある意味平等的な要素もあるとは思う。

個人的には、生活必需品は非課税にして欲しいと思うが・・・これも泣き面にナントカだな。


よろしく・・・
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


コメント

  1. Tansney Gohn | URL | SNAM66t2

    Re: 電力とサヤ

    くらいそらさん、おはようございます。

    キリンとアサヒとかも見てみましたがサヤはうまくないようです。(ビールはうまいとしても・・)

    もうご存知かも知れませんが、個別株同士なら
    http://investars.jp/index.php?coefficient_from=0.9&coefficient_to=&sigma_gt=2&sigma_lt=2.5&capitalization_gt=1000&q=do

  2. 傍観者 | URL | -

    Re: 電力とサヤ

    こんにちは。そうですね、消費税なら払うことを減らすことはできますね。ただ、上げるタイミングが最悪だと思います。思いっきり下落相場でロングするような。

  3. WIN | URL | -

    Re: 電力とサヤ

    消費税非課税売上げの零細自営業者にとっても、消費を自粛するのが一番の防衛策になりそうです^^;

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. くらいそら | URL | -

    Tansney Gohnさん、ビールのサヤはイマイチですか。

    まぁ、もともと混ぜるものじゃないですもんね。

    サヤ取りサイトは知りませんでした。
    便利なサイトがあるものですね。

  6. くらいそら | URL | -

    傍観者さんへ

    社会保険料をジワジワ上げられるよりは明確でいいんじゃないですか。
    増税するなら、最低限痛みは分かち合わないと納得できないですね。

  7. くらいそら | URL | d8NjtksI

    WINさんへ

    増税によって、実質の可処分所得も減るわけですからね。
    中国ODAしてる場合じゃないよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/433-3cfdd6de
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。