スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀レポートと株式売りシグナル

2011年12月20日 06:54

ジョンイル氏亡くなりましたね。
為替市場で起こったのは「円高」ではなく「ドル高」。
売り込まれたのは「豪ドル」でございました。



さて、本日は一部で有名なレポートの紹介を。

「国際商品市況変動の要因分解と市場間連動の背景」
http://www.boj.or.jp/research/wps_rev/wps_2011/wp11j04.htm/

天下の日銀さまが発行しているレポートです。
(但し日銀としての正式見解ではなく、研究者の成果物としての公開)

読んだことある、という方もかなり居られるのではないかと思いますが、よい内容だと思います。

■超・よう約
p7 図表6 がなんとなく一番の肝の部分ですかね。
(表の推計期間は 2000/1-2011/1)

「自分用めも」として超大まかに要約すると

世界株価上昇 → 世界株価上昇、国際商品市況上昇、世界短期金利上昇
国際商品市況上昇 → 世界株価上昇、国際商品市況上昇、世界短期金利上昇
世界短期金利上昇 → 世界株価下降、国際商品市況下降、世界短期金利(--)

ということが書かれてます。
興味をもたれましたら各自で読破のうえ、ご理解ください。


■タープ博士の株式売りシグナル
前回記事で紹介したが、タープ博士提案のベアファンド買い(株式売り)のシグナルは下記の3つのうち2つを満たすこと。
(ただし資産の50%が上限)

条件1.マーケットの過大評価。S&PのPER17以上が続いている
条件2.政策金利が上がり続けている
条件3.市場の動きが悪くなると予想される。SMA(45Week)の上側にあるとき


うち、条件2 は「金利上昇が株式に及ぼす影響」をシグナル化したもので、日銀レポートの調査結果と整合が取れている。
因みに 条件1 はファンダメンタル分析で、条件3はテクニカル分析だな。


■今日は忘年会
しゃぶしゃぶ食べ放題+飲み放題とか。
楽しみ。。。
今年もあとわずかですね。


宜しければご支援願いま~す
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村



コメント

  1. WIN | URL | -

    Re: 日銀レポートと株式売りシグナル

    いつもこのような難しいレポート読んでいるんですか?
    さすがです!

    私は最初のほうはなんとなく読むことができたのですが、
    6ページくらいからの (アルファベット)が数多く出てきたところで頭がショートしちゃいました(T_T)

    悔しいので印刷して年末休みに読み返したいと思います

    忘年会楽しんできてください♪

  2. くらいそら | URL | -

    WINさん、こんばんは。

    トレードに使えそうな部分だけを「つまみ食い」してますです。

    >忘年会楽しんできてください♪

    ハイ。
    ほぼ「生」に近い状態の「鶏なんこつつくね」を誤って食べてしまいましたが、特に異常は出ませんでした。
    よかったよかった。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/381-c8d6ece2
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。