スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理解のPhase

2011年11月09日 07:22

物事の「理解」には「段階」があります。

雰囲気を掴むため、ムリヤリ抽象化してみるとする。

201111092.gif

実際はよりシームレスな分類になるのだろうね。

■例えば
「移動平均」と言う概念。
投資をやっていれば大抵の人が理解レベル2か3くらいはあるだろうが、それ以上の分布は様々だろう。

基本的に「理解のレベル」は高いに越したことはないし、会社組織などの場合、業務に必要な「概念」についてある程度の「理解」があることが採用の前提になったりする。
しかし、個人的な物事に関しては、理解のレベルが低くてもそれほど問題はないだろう。
あらゆる物事に精通できるほど余暇があるわけではないし、どこにウェイトを掛けるかは人それぞれなので。


■もう1つルールが
それは理解レベルの下位にいる者は、自分より上位の理解レベルを持つ者のいる位置を正確に知ることは出来ない、というもの。
例えば先生が生徒を騙すのは容易だが、生徒が先生を騙すことは難しい。


■ちなみに
○○って知ってる?
と聞かれたとき、大抵の人は名前を聞いたことがあれば「知っている」と答えるでしょうね。

訊き方にも気をつけないとだな。


応援ヨロシクです。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村



コメント

  1. ねもどん | URL | -

    こんにちは。

    前回と関連あるのかな…と思ったりしました。
    どこまでの理解を求めて聞かれているのかを判断する、
    空気読むみたいな事も大事ですよね。
    仕事の場合はあやふやにならないように細かく聞くようにしています。

  2. 暗いそら | URL | -

    ねもどんさん、こんばんは。

    昨日の内容とはあまし関係ないです。

    本日の要旨は「難しい言葉をたくさん使ってても、使っている人自身どこまで理解しているかわかりませんよ」ってな感じですかね。
    ただ、「使っている言葉について必ずしも熟知していなければならない」という決まりがあるわけでもないので、その辺ごっちゃにすると喧嘩のもとです。

    >仕事の場合はあやふやにならないように細かく聞くようにしています。

    俗に 「5W1H」 と言うヤツですね。
    指示する方も、ミスが出ないよう気をつける必要がありますね。

    世間ではこんな事故も。

    http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-843.html

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/366-17b39b01
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。