スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通貨の底はどこにある?

2011年10月18日 06:34

通貨レートとは交換比率である。
売り手が多くて買い手が少なければ、両者が拮抗するまでレートは下がり続ける。
また逆も然り。

セリクラ(プリクラではない)ではリスクマネーは運用系通貨から安全通貨へドーンと巻き返す。
この時、運用系通貨の「売り手」は圧倒的に多くなるが、世には「実需筋」という人たちもいる。

こうした人達は最後の買い手となる。
なので、理論上の通貨の底値は、実需筋が扱う絶対マネー量によって決まる、といって良いのではないか。

問題は、それはどうやったらわかるんだ?ということだろうが。
なんか色々、統計データとか参考にすればそれっぽい水準は出せるんじゃないか?

(妄想?)

■豪ドル/円で考えてみる
豪ドル/円の史上最安値はリーマン後につけた1AUD=55円。
20111018_3.jpg
↑AUD/JPY 月足チャート

手ひどく円キャリーの巻き返しを食ったわけだが、それでも耐え切ったリスクマネーはある(はず)。
このリスクマネーの総量を仮に「赤の四角」で示す。

一方、オーストラリアと日本の間の貿易は盛んといって良いと思うので、潜在的な買い需要というものがある。
これを仮に「青の四角」で示す。

すると、史上最安値とは言っても、リーマンショックの事後処理が悪ければもっと下げる可能性はあった。
その下げ代は赤枠の部分で示される、というイメージだろうか。

青と赤の境界線で待つ人は「究極の逆バラー」だな。


※上の図はあくまでもイメージで、実際どこまで下がるのかはわかりません


■国家破綻したら話は別です。
過去の例からすると超通貨安になるそうで・・・。
日本が破綻したら1ドル=1000円とか?



おうえんしてくれないと「エリカ様ホイッスル!」
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村



コメント

  1. 傍観者 | URL | -

    Re: 通貨の底はどこにある?

    エリカ様ホイッスルw

    結果として「底」だった。というのをよく味わいます。リアルタイムだと難しいですよね。

  2. ねもどん | URL | -

    こんにちは。
    ランドがお隣のジンバブエみたいにならないことを願ってます。
    もしそうなってもいいようにくるくるワイドがスワップ程度の運用で安定して動かせればなあと妄想してますが…

  3. 時々SE | URL | -

    あのホイッスルはね~(^_^;)
    アメリカ人かと思いました。
    そしてコレ書いてるそらさんの様子が気になります
    ニヤニヤしてるのか、はたまたクールなのか…?

  4. 暗いそら | URL | -

    傍観者さん、こんにちは。

    今日から専業になりました。

    ・・・というのはうそで、本日は代休です。

    ここでポイントなのは、国家破綻の危機に窮していない限り底値付近に行くほど「底値バイアス」みたいなものが働く。。
    なので、通常の回帰分析やテクニカル分析結果に歪みが出る、というとこですね。

    自分にも「いわゆる底」はわかりません。

  5. 暗いそら | URL | -

    ねもどんさん、こんにちは。

    ジンバブエくらいまで行っちゃうと取引停止になるでしょうね。
    建玉はどうなるんだろ?

    >くるくるワイドがスワップ程度の運用で安定して動かせればなあと妄想してますが…

    ん? スワップ投資じゃダメなんですか?

  6. 暗いそら | URL | -

    時々SEさん、こんにちは。

    自分はいつもクールです。

    でも昨日はエリカ様ホイッスル効果か、応援がチョイ多めなのでニヤって感じです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/357-4920cd35
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。