スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらりぴ忍法帖 -霧がくれの術-

2011年08月15日 00:00

高金利通貨スワップ+ロングはトラリピ派の王道である。
しかしこの方法は円高で含み損が嵩むことになり、高金利通貨はリスク局面では売られ易い。

まぁ正しいトラリピ派の人は少々の円高であれば「レバレッジ超余裕」か、または「一定レベルでロスカットするからそれまでリピートを続けるだけ」と達観されていることだろう。

しかし、ちょっと仕掛けを間違えちゃった、この資金がロスカットになったら大変な事になる、などリアルにお困りの方もおられるのではないかと思う。
投資は全て自己責任・・・と言っちゃえば身も蓋もないが、1つお勧めのリスク回避プランを提案したいと思う。

■トラリピ忍法・「霧隠れの術」
~やり方~

①全決済する
②底打ち確認するまで待つ
③上昇トレンドが現れたら改めて逆指値で順張りトラリピを仕掛ける

-以上-


なにも猛烈に下げてるときにワザワザ買い向かわなくてもいいでしょ?ボラはなくならないんだから。
というコンセプトだ。

なお

底打ちってどうやって確認するの?とか。
「逆指値で順張りのトラリピ」ってなんですか?とか。
決済して待っている間に介入が来て円安になりました、どうしてくれるんですか?とか。


そこまでは「ごめんなさい」。


■忍法とかいってるけど単なるロスカットじゃん
まぁ、そうともいうかな…。
トータルプラスの時にやるのがポイントだ。


■いいアイデアがあります。下の方のトラップを外してリスクを下げるのです

かなり前にも書いたけど、それはあまりお奨めではない。
なぜなら、下のトラップを外すだけではリスク軽減効果が薄いし、 利益の源泉であるトラリピを否定することになるから。
それやるなら上の方のロングを一部損きりするか、反対売買のヘッジポジションを取ってロスカット耐性を上げつつ、リピートを維持した方が良いと思う。


本記事は予約投稿。
本人お出かけ中なもんでコメのお返事遅れます。


おうえんヨロシク!
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
よろ~。


コメント

  1. WIN | URL | -

    Re: とらりぴ忍法帖 -霧がくれの術-

    私は塩漬け派かもです
    それか上抜けしたらおいかけないかどちらかです

  2. ねもどん | URL | -

    忍法使えませんでした;;

    修行が足りませんね。

  3. とー子 | URL | -

    Re: とらりぴ忍法帖 -霧がくれの術-

    そらさん
    普通にスワップを貯めて待てればいいのですが、心理的に必要のない損切りに追い込まれるのも怖いですよね。一時的に両建てにしてしまうというのもありだと思います^^

  4. 暗いそら | URL | -

    WINさん、こんばんは。

    WINさんはどちらかというとスワップ派に近いトラリピ派ですね。
    自分は魚屋さんの影響を受けており、資金が続く限り回転させるトラリピ派です。

  5. 暗いそら | URL | -

    ねもどんさん、こんばんは。

    書き忘れましたが、この術はペナント確認とか、不穏な雰囲気を察知した時に使うのが最良なんです。

  6. 暗いそら | URL | -

    とー子さん、こんばんは。

    おっしゃるように、トラリピの両建てでロスカットリスクをヘッジしつつリピート回転で利益を稼ぐというのはなかなか攻撃的に思います。
    スワップ派がマイナススワップになる両建てポジションをとるのは無意味なかんじですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/321-1626d979
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。