スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンドライン・エキスパンション

2011年05月14日 06:34

本日は前回軽く紹介した裁量スイング手法の補足記事。

トレンドラインはエントリーポイントを教えてくれる便利なツールなのだが、弱点もある。
おそらくは「この弱点」の影響を受けて起こると思われる動きについて、自分は「トレンドライン・エキスパンション」と勝手に名づけている。

■トレンドライン・エキスパンション
分かりやすいよう、最近の実例で説明してみよう。

20110514usdjpy.jpg
↑USD/JPY 4H足。クリック拡大。北関東大震災後の直近のチャート。

相場概況としては、ベアトレンドからトレンドチャンネル上端を抜けて反発が始まっている感じ。


201105142.jpg
USD/JPY 1H足。クリック拡大。最初のチャートの拡大。

ここで下側のトレンドラインに沿って、80.75付近で押し目のロングエントリーしたくなりませんか?
いかにも反発しそうだけど。

ではどうなったか・・・











20110514usd3.jpg
↑USD/JPY 1H足。クリック拡大

ありゃ? 結局こうなりました。
トレンドを抜けて、また反発。
つまり、トレンドラインのエキスパンション(拡大)。

ロングエントリーした人、残念でした…。


以前引いたトレンドラインチャネルの上限が新たなレジスタンスになっているところにも着目したい。


20110514usd4.jpg
↑USD/JPY 1H足。クリック拡大(2011.5.15 追加)

上のチャートと同じだけど、トレンドの引き方を変えてみた。
こちらの引き方の方が一般的か。
より鈍角な新たなチャンネルが形成されつつある、ともみれる。


■何が言いたいの?
この現象、トレンド中に良く見られるもので、おそらくはトレンドラインの真下にストップ注文が固まってしまうことに起因するのだろう。
つまりストップの位置がバレバレ。
マーケットに影響できる資金があるプレイヤーなら、ストップ注文を狩って小銭稼ごうか、という気になっても不思議はないだろう。

今回はバットニュース起因で円が買われたようだが、いずれにしてもトレンドラインを抜けたら一旦は離れる方向に動きが加速。
しかし全体の大きなトレンドが変わらない場合、結局トレンドチャンネルを拡大しつつ元の方向に動き出すことが多い。

注文を狩られたにも関わらず、方向性としては正しいエントリーだった場合、悔しい思いをすることになる。


■もちろん対処は可能
・反発を確認してからエントリー
相場を見ていることが出来ればこれが一番確実。
相手も自分のことが好きだ、というサインをしっかり出してくれればこちらも安心して告白できるよな。

・新たなトレンドラインで再度ラインプレーを開始する
方向が間違ってない、と思ったらちょっと冷たくされてもしつこくアタックする。
これは今時の草食系のひとには難しいか…。

・ストップを深くする
過去の動きなどを参考にして、一時的な抜けを考慮した深めのストップにする。
負けた時のショックが大きいから、これは自分はやらない。 
鈍感な人にはお勧め。
 
・抜けそうだと思ったらエントリーしない
振られて傷つくくらいならいっそアタックしない?
経験的には、4回目以降のトレンドラインエントリーからは成功率が下がってくる感じだ。


まぁ、最初のもの以外はいずれも対処と言うほどのものではないけど。
そもそも、トレンドラインを使った逆張り or 順張りは、元々こうした負けも織り込んでストップを設定するものだろう。


■まとめ
トレンドラインって、過去チャートを分析するだけだと、とても優れたツールに思えてしまう。
しかし、いざライブでトレードをするとこうした事は良く起こる。

今回、あえて画像を多用しためんどくさい記事を書いたのは、前回の記事を参考にスイングを始めたけど負け込んだ人からクレームが来ないようにするため。(おぃ)


ちなみに、抜けてしまったトレンドラインは再び機能する場合もあるので、とりあえずは消さない方が良い。


今日も出勤でござる・・・。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ


コメント

  1. Tansney Gohn | URL | SNAM66t2

    Re: トレンドライン・エキスパンション

    暗いそらさん、おはようございます。

    本題と無関係ですが
    > 今日も出勤でござる・・・。
    電源の安定性がキモだとお聞きしております。大変ですね。。。

  2. 塩蔵 | URL | -

    Re: トレンドライン・エキスパンション

    私がトレンドラインで勝てない理由がまさにこれです。
    そしてこのグラフのとおり一昨日の夜80.80でエントリしてます(笑)。
    昨日なにやら危うい雰囲気に80.94で決済。
    で、また戻してきたんですよね(-"-)。

    薄利でしたが、狩られる前に逃げられただけ良かったと思うことにします(笑)。

  3. WIN | URL | -

    Re: トレンドライン・エキスパンション

    私が短期トレードしているころ、トレンドラインの引き方が下手なことにいつも悩んでいたのですが、このような理由があったんですね

    ちなみに私も今日も仕事です^^;

  4. とー子 | URL | -

    Re: トレンドライン・エキスパンション

    そらさん
    >反発を確認してからエントリー
    実はこれをすべてのシーンで適用すればまず負けない?
    外為の鈴木さんもエントリーしたくなったその次の山を確認してからエントリーしても遅くないといつも言ってますね^^

  5. 暗いそら | URL | -

    Re: トレンドライン・エキスパンション

    Tansney Gohnさん、こんばんは。

    発電機の場合、電圧変動は相当問題ですよね…。
    他の問題も山積みですが、被災地の苦労を思えばなんぼかましかと。
    知恵と勇気で乗り切るしかないです。

  6. 暗いそら | URL | -

    Re: トレンドライン・エキスパンション

    塩蔵さん、こんばんは。

    「弱点」というよか「特性」と書いた方が良かったかも…。
    ドル円はチャンネル内での振幅が小さめなので、ややスイングしづらいですね。

  7. 暗いそら | URL | -

    Re: Re: トレンドライン・エキスパンション

    WINさん、休日勤務ご苦労様です。

    トレンドラインは過去チャートからではなく、直近の節目から引いていくのがポイントのようですが、まぁ、そうだな…と思いますね。

    ちなみに上のチャートでは「拡大」というイメージが伝わりやすいよう外側に平行線を引きましたが、最安値同士を結ぶ方がより一般的と思いますので画像を追加しました。
    ちなみに、トレンドラインを引いてくれるMT4のカスタム指標もあるようです。

  8. 暗いそら | URL | -

    Re: Re: トレンドライン・エキスパンション

    とー子さん、こんばんは。

    ヘッドフェイクと呼ばれるダマシ的な動きもありますけど、ざっとやってきた限り、確度の高いシグナルとみます。
    比較的中角度の理想的なトレンドにおいてはその傾向は尚更顕著ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/267-a7b03506
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。