スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾンビトラリピ

2010年11月28日 03:32

なぜか「セントラル短資」「出金できない」という検索ワードで当ブログを訪れる人が後を絶たない。
自分としては、セントラル短資FXはかなりしっかりした業者という認識。
セントラル短資は自分も利用しているし、過去に出金したこともあるが、なにも問題はなかった。


さて、本日は先日紹介したヘッジトラリピの応用的使い方について。
ヘッジトラリピでは、ヘッジポジションが含み損になる方向に動くと、順張りトラップがリピートして確定益が積み上がる。
この確定益部分が、面白く使える。


■ゾンビトラリピ

下記のトラリピをサンプルレシピとする。
豪ドル/円 証拠金10万円
スタートレート:80円
ショートトラップ
トラップ1本:1000通貨
トラップ幅:50銭
利益確定:500円
トラップレンジ:60円~100円
トラップ本数:順張り40本 逆張り40本

ヘッジポジション:10000通貨ロング 建値:80円


上記のトラリピでは、70円を割るとヘッジポジションの含み損が証拠金を上回り、強制ロスカットとなる。

ただし、順張りトラップのリピートにより確定益は積み上がっている。(上記例の場合、最低1万円)
何もしなければリピートした確定益がバッファとなり、その分は余計に円高に耐えられるが、耐え切れないとロスカットになってしまう。

そこで、70円を切った所でヘッジポジションを損失確定してしまう。
すると、残された確定益でショートトラリピを継続する形になる。

丁度、ボディをぶっ飛ばされても頭だけで動き続けるゾンビのようなので、「ゾンビトラリピ」という表現を使った。


■有効なのは円高が継続する局面
サンプル例では、一方的な円高が継続する限り、1豪ドル=1円 までも順張りトラップで攻めていける。

また過去の例からして、円高局面では乱高下が予想される。
よって順張りのショートトラップはかなりのリピートが期待できる。

続いて反発局面が来そうな時。
反発を予感したら、含み損が増す前にロングポジションを建てたり、安値のショートを処分するなり、通常のヘッジトラリピのメンテ作業を行う。
決済して単純ロングに移行するのもアリ。


この運用を継続したことで10万円を回復できたら、ゾンビが完全体に戻ったことになる。
これを元手に複利が積めたら、間違いなくハッピーエンドだ。



■円安への反発に対しては苦しくなる
改めて書くまでもないだろうが、ヘッジポシジョンを損失確定した後ですぐさま円安に反発した場合は通常形より苦しくなる。
ロングヘッジが無くなるので一方的に含み損を抱えるし、スワップ的にも不利。

それでも、ジワジワとした円安ならばリピート確定益でしぶとく粘り、原資を回復する可能性はある。


■もう一つの選択

もう一つの選択肢として、70円に到達した時に全決済してしまう、という手もある。
ショートトラップの確定益は手元に残るので、それを使って再出発するのもアリ。


■まとめ
基本形トラリピでは、ロスカット=資産全滅、という認識だろう。

しかし、ヘッジトラリピには関しては、ヘッジポジションが含み益を出せばプラス撤退可能。
読みを外したとしても、今回のようなリカバリー方法も使えるので、かなりの可能性がある。

スワップ収入やリスク管理のし易さではヘッジトラリピの方が不利な面もあるが、検討に値する戦略と思う。


ありだなぁ、と思ったら応援ヨロシクね!
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ



コメント

  1. takeshi | URL | -

    Re: ゾンビトラリピ

    リピート率次第で大きく結果は変わってきそうですね。

    個人的な感想としては、ちょっと厳しい戦略かな?と思います。


    やはり魚屋さんのくるくるワイドを越える手法は存在しないのではないか?と最近はブログ廻りをしていてよく感じます。


    トラリピでは当たり前なのですが「どれだけリピート回数を増やせるか?」が最大の焦点になりますね。

  2. 暗いそら | URL | -

    Re: Re: ゾンビトラリピ

    takeshiさん、おはようございます。

    基本的にはくるくるワイドで、リスク局面での1つの対処法、と考えていただければよいと思うのですが…

    上記例なら、当然スタート時に70円を割らない読みで仕掛けてますよね?
    70円目安で円安揺り戻し警戒のロングを張っていけば、70円を割りこんだらリピート確定益も巻き込んでの強制ロスカットとなります。
    逆に70円を割ったときは●●ショック級のリスク局面でさらに円高が進む、と予め読むなら今回の方法でリピート確定益分はサルベージ出来ます。

    ある程度狭いレンジを想定したヘッジトラリピに対してはありじゃないかと思ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/157-05145cf2
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。