スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手軽!DMM FX南アフリカランドスワップヘッジ

2010年10月12日 00:05

DMM FXはFX異業者鞘取りの低スワップ側業者としてすっかり定着した感がある。
しかし、ZAR/JPYのスワップは 18円/日 1万通貨と、他社と比べてそれほど悪くない。 

と言うことは、ZAR/JPYを高金利通貨に据えればわざわざ異業者にしなくてもそこそこ有利なヘッジが出来そうだ。
今回は DMM FXを利用した、ZAR/JPYのヘッジスワップ戦略を考えてみる。

■ZARのヘッジ相手は??
相関の高い通貨・ベスト3とDMMFXでの売りスワップは下記の通り。(スワップは2010/10/10現在)

AUD/JPY:0.92 –79円
NZD/JPY:0.85 -40円
CAD/JPY:0.83 -6円

スワップから考えると、第一候補はCAD/JPY、第二候補はNZD/JPYだろう。


■スワップ検討

価格差を考慮し、円換算で等価になるようポジションを合せると…

・CAD/JPYショートカバーの場合

ZAR/JPY ロング6万通貨 18×6= 108円
CAD/JPY ショート 1万通貨 -6×1= -6円

スワップは 102円/日

・NZD/JPYショートカバーの場合

ZAR/JPY ロング5万通貨 18×5= 90円
NZD/JPY ショート 1万通貨 -40×1= -40円

スワップは 50円/日


■最悪リスクの検討
それぞれのケースにおける過去5年間の最安値まで下落した場合の含み損

・ZAR/CAD (集計期間:2005/5/20~2010/10/10-日足値)
MAX:0.197
MIN:0.110
現在値:0.148
現在値-MIN:0.038


1CAD = 81 JPY とすると
-0.038×6×81= -186,480 円
1日102円のスワップで現在値から過去5年間の最悪の含み損に追いつくためには、1810日必要。

・ZAR/NZD
MAX:0.273
MIN:0.147
現在値:0.194
現在値-MIN:0.047


1NZD=61JPYとすると
-0.047×5×61= -143,350円
1日50円のスワップで現在値から過去5年間の最悪の含み損に追いつくためには、2867日必要。

ちなみに、ZAR/JPY単純ロングで1ZAR=12JPYから史上最安値まで暴落した場合の含み損はそれぞれ下記の通り。

(12-7.83)×60,000=250,200円 (CAD/JPY10,000通貨でのヘッジ効果 63,720円)
(12-7.83)×50,000=208,500円 (NZD/JPY10,000通貨でのヘッジ効果 65,150円)


それなりにヘッジが効いているのは見ての通り。

とりあえず、必要証拠金は上記金額を参考にすると良いだろう。



■チャート確認

ZAR/CAD、ZAR/NZDどちらにしても底値付近で仕込めれば、反転・含み益が狙える。
現在レートはどちらかというと底値に近いが、過去を見てもそれほど大きく動くわけではない。

↓過去5年のチャート
zarcadnzd.jpg


■ 手数料は安い
DMM FXはどちらかというと後発のハイレバレッジ業者。
差別化の為か、スプレッド等はかなり頑張っている。

ZAR/JPY 0.034
NZD/JPY 0.019
CAD/JPY 0.019

この戦略は持ち直しはしないが、手数料分マイナススタートとなるため、安い方がいいのは間違いない。


■ポジションサイズ
通貨間のボラティリティを考慮すると、円換算等価ポジションでは若干ロング過多に思える。
といって、ショートを増やすとスワップ収入が減り、円安リスクとなる。

やはり、なるべく底値付近で仕込みたい所だ。


■金利差にはご用心
南アフリカ、カナダ、ニュージーランド共に政策金利は現在最低水準。
南アフリカの金利上昇が遅れるようだとダイレクトに効いて来る。
その時は諦めてさっさと撤退しよう。


■まとめ

はじめは下落余地がある分、ZAR/NZDの方が安心できるのではないかと思っていた。
予想通り、ヘッジ効果はZAR/NZDが優れていたが、スワップを考慮するとZAR/CADの圧勝。
ただ、CAD/JPYは現在かなり円高が進んでいるので、今始めるのはどうかな?と言ったところだ。

再三だが、やはり裁量を少々交え、ZAR/CAD、ZAR/NZD底値付近でロングポジションを取ってみる、といった仕込みがいいのかもしれない。

先日紹介した外為どっとコム合成USD/HKD戦略より、もう少しリスクとリターンを取りたい、という人には良いだろう。


それにしても、ローリスク・ミドルリターンなスワップ投資の組み合わせを探しているが、なかなか納得できない。
次は超高金利通貨・トルコリラのヘッジについて検討してみるか。


↓スワップ鞘取り派必須。DMM FXの口座開設はコチラからどうぞ




クリック応援ヨロシクね!
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


コメント

  1. WIN | URL | -

    Re: お手軽!DMM FX南アフリカランドスワップヘッジ

    ZARのヘッジにNZD。。。
    考えたことなかったです
    人様の検証って盲点をつかれるような検証もあり助かります
    トルコリラの検証、楽しみにしております!

  2. repo | URL | -

    Re: お手軽!DMM FX南アフリカランドスワップヘッジ

    トラップリピートイフダンに興味を持って、検索をかけて、こちらのブログにたどり着きました。
    FX歴1年程度の初心者です。
    3万円でAUD/JPYのトラップリピートイフダンを行い、相関通貨であるNZD/JPYを栽量で売っておられる記事を読みました。
    この記事を読み、NZD/JPYもショートでトラップリピートイフダンにすれば安全に運用できるのではないかと思ったのですが、なぜヘッジ側であるNZD/JPYは栽量にしたのですか?
    気になったので、質問しました。

  3. 暗いソラ | URL | -

    Re: Re: お手軽!DMM FX南アフリカランドスワップヘッジ

    WINさん

    いつもコメントありがとうございます。
    単純スワップだとCADカバーの方が性能良いですね。
    ZAR/NZDの底値付近でロングすれば、反転・含み益+スワップも狙えますね。
    仮に反転しなくても、スワップが含み損に追いつく時間は短縮されると思います。

    TRY/JPYですが、今の所、スプレッドが悪いLION FXしか口座開設してなくて困ってます。
    …いい業者ないですかね?


    repoさん

    ご来訪&コメントありがとうございます。
    NZD/JPYをショートトラリピにした方が良いのでは?といっているのは3万円トラリピの方でしょうか?
    それともコチラの記事の話??

    3万円トラリピの話として、NZDで売りトラップをかけないのは主に下記の理由からです。

    ・「見せる」ため、なるべくシンプルな高金利通貨ロングのトラリピで記事にしたかった
    ・証拠金の節約(たった3万ですから…)
    ・円高→円安による含み損リスクの回避

    この記事の話としてコメントすると、ZAR/JPYやAUD/JPYのスワップロングポジションに対して相関性の高い通貨のショートトラリピをぶつけるのは「あり」です。
    今回はスワップ記事として紹介したので書かなかっただけですね。

    ロングスワップポジション+ショートトラップは、円安リスクに備えつつ、マイナススワップを打ち消す。
    またショートトラップのリピートでブル相場の含み損増加にも勝ちやすいので、単純ロングトラリピよりはリスクは低くなるケースが多そうです。

    この方法は、魚屋さんの「美味しいスワップの受け取り方」というブログで「くるくるワイド」という手法として色々と研究されてます。
    当ブログからもリンクしているので、参考にしてください。
    かなり奥が深いですよ~。

  4. repo | URL | -

    Re: お手軽!DMM FX南アフリカランドスワップヘッジ

    3万円トラピのほうです。
    丁寧な回答ありがとうございます。参考になりました。
    「美味しいスワップの受け取り方」ですか、後で見てみたいと思います。
    これからもこのブログを参考にしたいと思っています。
    お気に入りに登録しました!

  5. 暗いソラ | URL | -

    Re: Re: お手軽!DMM FX南アフリカランドスワップヘッジ

    repo さん

    お気に入りありがとうございます。
    これからもよろしくお願いしますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/123-2b1d4c4f
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。