スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巷で噂の500円を積み重ねる投資法の損益

2010年09月29日 00:01

大爆益の500円を積み重ねる投資法、ということで1000通貨豪ドルロングトラリピをやってみたいという人が多いようだ。
検証の為に78円スタートでM2Jのデモを廻しているけど、月利20-30%取れており、確かにものすごく儲かっている。

しかし、50銭刻みのロングトラリピ、という点以外は置き去りのまま人気となっているのが気がかりだ。
というわけで、今回は1豪ドル80円からスタートした場合の最悪の損益について見てみよう。

今回検討するのは下記の条件のトラリピ。
かなり余裕があるとされる、証拠金50万コースで設定した。

通貨 AUD/JPY
証拠金(万円) 50
トラップ間隔(円) 0.50
トラップ開始レート 80
逆張りトラップ本数 55
トラップ1本当りの通貨単位(1万通貨) 0.1
証拠金率 2.5%

トラップカバー上限 80.5
トラップカバー下限 53

反対売買ヘッジ(1万通貨) 1

audjpy500.jpg
黄色が単純なロングトラリピのケース。
青い線が、1万通貨を売ってヘッジを掛けてからスタートしたロングトラリピのケース。

まっさかさまに円高になると、単純なロングトラリピのケースでは60円を割れたあたりでロスカット。
ヘッジを掛けても史上最安値の55円付近でロスカットすれすれの含み損となる。

(実際の相場ではリピートするたびに損益は押し上がって行く)


■60円なんて、割れないでしょ…。
80円からスタートした場合、ロスカットは60円。
しかし、直近最高値の88円からスタートしてしまうと、最悪のロスカットレートはごっそり繰り上がって68円。
今年5月に発生したNY株誤発注の時は、豪ドルは80円台から一気に9円近く暴落した。

50万円無くしても困らない人ならべつに良いだろうが、NY株誤発注レベルの事故が発生したら、68円ロスカットはかなり胃が痛くなる水準だろう。

経験上、無くせないお金で仕掛けていて、証拠金の半分以上が含み損という状態はかなり堪える。


■気軽に勧めるのは所詮他人事だから?
投資は自己責任だが、実際に円高が来るまでは都合の悪いことは忘れてしまいがちだ。
トラリピは超高勝率が取れる代償として、1敗した時のリスクがとても大きい。

円高が来てからこんななはずじゃなかった、と思わないよう、充分に気をつけたい。


<参考記事>
1豪ドル=45円を想定する、その理由
トラップ外しは悪手

3万円トラリピ…今の所順調です
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


コメント

  1. 魚屋 | URL | -

    Re: 巷で噂の500円を積み重ねる投資法の損益

    暗いソラさん、こんばんは♪

    過去のチャートを見ると定期的に大暴落は起きていますよね^^;;
    特に完全複利だとトラリピの破綻率は高いですね…

    大体、胃の痛くなるトレード…したくないですから^^;;

    しっかり検証して「よし!!」と思った方のみトレードして欲しいものですね~

  2. 暗いソラ | URL | -

    Re: 巷で噂の500円を積み重ねる投資法の損益

    魚屋さん、こんばんは。

    いつもコメントありがとうございます。

    ほんと、トレードが気になって仕事が手につかないなんて、最悪ですよね。
    でっかいミスをしたり、仕事中に携帯トレードしてるのが見つかって懲戒、なんてなったら更に追い込まれてしまいます。

    なんかわかんないけどトラリピ儲かりそうだからやってみよう、というスタンスの方をちらほらと見かけますが、ほんとに危険だと思います。

    そういう人が増えるほど、円高局面で売りのトラリピが大活躍してしまいます^^;
    ま、それはそれで歓迎、という人もいるでしょうが…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goldsearch.blog24.fc2.com/tb.php/116-771d2929
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。