スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見て分かる!トラリピ破綻リスクとヘッジ効果

2010年08月26日 21:44

トラップリピートイフダンは誰でも超高勝率が取れる素晴らしい投資法だが、仕掛け方次第では簡単に破産する。
それに対してヘッジをするのが有効であるが、どの程度の効果があるのか?
自分の勉強も兼ねて損益をグラフ化してみたので、ご覧頂きたい。

■まずはトラリピ基本形の損益
無題
①:豪ドル1万ドルを75円でロングを仕掛けた場合
②:豪ドル75円からトラップ1本1万円、値幅1円で計20本の逆張りロングトラップを仕掛けた場合
 

上のグラフは75円から一気に±20円、円安・円高になった時の損益となっている。
現実にはそのような相場はありえないが、最悪のリスクとして捉えて欲しい。
またスワップも無視している。

さて、トラリピの損益は円高進行と共に加速度的に悪化していく。
55円で 口座評価額は-210万円。
単なるロングポジションでは-20万円だから、10.5倍の開きがある。

リピートで損益改善するにしても、1豪ドル=55円の水準で元本を確保するためには、55円から75円のレンジ内で210回リピートする必要がある。
1円刻みだと、さすがに1年以上はかかってしまいそうだ。

基本形トラリピの強制ロスカットリスクを下げる方法は、以下の5つが基本となる。

1.証拠金を追加
2.トラップ1本の通貨量を下げる
3.トラップ間隔を広げる
4.トラップ本数を減らす
5.プラススワップが入る通貨でトラップを仕掛ける


2~4の方法を取る場合、リスクの低下に応じて利回りも下がる。
続きを読む
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。